車検をする際にどれくらいの費用が必要になるかお教えします

住んでいる地域によって車は生活に欠かせないものです。ですが車を持っているとガソリン代や駐車場代、税金などの維持費用がかかってきます。金額として一番高く感じるのが車検費用です。車検は法律で決められている事ですので、きちんと行わなければなりませんが、できればその費用は抑えたいものです。車検を行っている所はいくつかあります。まずは車を販売しているカーディーラーですが、メーカーの直営店舗でしたら細かい部分まで見てくれるといった事から費用はやや高めになります。安い所ですとガソリンスタンドや、カー用品を販売している所などがありますが、安い分車検に通るだけの最低限の点検や整備しかしない、という事があります。安さと安心両方手に入れられれば良いにこした事はありませんが、ここでは車検で実際どの位の費用がかかるのか、どうすれば節約できるのかお伝えしていきます。

車検の費用の内訳はどうなっているのでしょうか

車検費用というと総額費用しか目につかないかもしれませんが、具体的に何にいくらかかっているのか、という事は細かく見ない方も多いでしょう。車検費用の内訳は、24ヶ月点検整備代、検査代、代行手数料なども含まれた「車検基本料」と、自陪責保険料、重量税、印紙代の合計の「法定費用」があります。法定費用についてはその車両のクラスに応じて金額が決められていますのでここの金額に関しては安くするという事はできません。カーディーラーでもガソリンスタンドでも法定費用の価格は同じという事です。そうなると金額に差が出てくるのは「車検基本料」という事になります。車検を行う業者はこの車検基本料の部分で儲け分が決まります。どこまで整備をするか、消耗品をどこまで交換するか、といった事で細かく変わってくる所になります。

車検費用は賢く節約して安全もお得も手に入れましょう

車検費用を節約する為には、車検基本料をどこまで抑えられるかという事がわかりました。今はまだ故障する事はないが、予防として部品を交換しておくというようなしっかりとした整備内容であれば高くなってしまいますし、最低限の整備だけにしたら費用は安くなりますが、どちらを取ればいいかというのは一概には言えません。カーディーラーはしっかりとした整備を行いますのでその分高くなりますし、ガソリンスタンドなど安い金額を売りにしている所は最低限の整備しか行わないのが一般的です。一番良いのは費用も比較的安く、整備も安心できる事ですが、それを行っているのが車検専門の業者です。車検専門に1日何10台と車検作業を行っていますので車種別にどこの部品が壊れやすいかというノウハウも豊富です。自分が車検の際にどこを重視するかによって車検費用は変わりますので、比較して選び、納得できる費用で車検が行えると良いです。