費用を抑えて車検を行うにはどうすれば良いのか説明します

新車を買った場合だと始めは3年に一度、その他は2年に一度必ず受けなくてはならないのが車検です。自家用車を所有している以上仕方がない事とは言え、やはり誰でも車検の費用はなるべく安く抑えていくものです。そこで、どの様にすれば車検の費用を抑えられるのかをいくつかのポイントに分けてご説明します。先ず車検の平均的な費用ですが、大体標準で10万円程はかかるというのが相場で、そこに大幅な修理箇所などが生じてくれば更に費用がかさんでくることになります。所有するのが軽自動車の場合はもう少し安くなるかも知れませんが、やはりかなり大きな額を用意しなくてはならないという事に、変わりはないと言えます。車検費用の内訳は法定費用に点検費用と、ブレーキランプやヘッドライトなど消耗品の交換費用が主になります。

どの部分で費用を抑えるようにすれば良いのか

それでは具体的に法定費用や点検費用、消耗品の交換費用の中で、どの部分に重点を置き費用を抑えるようにすれば良いのかになります。法定費用というのは自動車重量税や自賠責保険料に検査手数料といった税金の部分です。この費用はどんな車でもかかってくるものなので、ここを抑える事はできません。次に点検費用ですが、こちらは車検を依頼するカーディーラーやガソリンスタンドによって変わってくる部分でもあります。点検費用の他に整備費用や検査料などという言い方の所もありますが、結論からすると車検を依頼した先の売り上げという事になる項目です。注目すべきは三つ目の消耗品の交換費用です。ここについてはカーディーラーなどだと、先の項目の点検費用の中に含まれる場合もありますが、ブレーキランプやブレーキパッドなど消耗品を交換した場合は、その分の実費が請求されるようになっています。

不要な部品は無理に交換しない事が費用を抑えるコツになります

つまり交換しなければその分の請求はされないのです。そうは言ってももちろん自動車が走行するのに問題が生じるような部品は、しっかりと交換しなくてはいけません。ただ、ここに関してはまだ交換しなくてもいいという部品も中にはあるので、それを無理に交換しない事が費用を抑えるポイントになります。保安基準という必ず確認しなくてはならないと決められている部分は交換し、それ以外は勧められても断る事が重要となります。その為には事前に自分でチェックする事が大切です。例えばタイヤのチェックですが、溝がきちんとありひび割れなどがないかを確認しておきます。他にランプチェックも走行に重要なので必要ですが、よく一緒に聞かれるバッテリー交換やオイル交換は特に車検とは関係ないので、ここは省く項目の候補に入れておいても問題ありません。