費用等様々な要素を踏まえた上での車検の比較方法

車を購入すると、必ず車検を受けなければなりません。車検には費用がかかるので、できるだけ安く抑えたいところです。今回は車検の費用を抑える方法を紹介していきます。2年に1度ある車検を受けて、検査項目をクリアしなければ公道を走れないとされています。車検には重量税があり、軽自動車では全て7600円となっていますが、乗用車になると重量ごとにかかってくる税が違い、10000から60000円程の差があります。家族が多い場合や、多くの荷物を乗せて走ることがない場合には、軽自動車を購入しておくと、重量税が抑えられるのです。また、自賠責保険料や自動車検査登録印紙代においても乗用車より軽自動車の方が費用は安いです。リサイクル料金も車によって違ってきます。総合的にみても、乗用車より軽自動車の方が車検費用は抑えられます。

車検費用を安く抑える為に知っておくといいこと

車種によっても車検費用が違いますが、どこで車検を受けるかによっても費用は変わってきます。ユーザー車検は60000円から70000円程かかりますが、ディーラーなど業者での車検にすると、この費用を半額までに抑えることも可能なのです。また、ディーラーで車検を受けるとメンテンナンスもあるのでより安心です。また、乗用車と比べると軽自動車の方が車検を受ける時間も早く終わります。業者によって違いますが、車検の予約を早く入れておくとオイル交換を無料でしてくれたりするお得なプランもあったりするので、チェックしておきましょう。ガソリンスタンドでの車検も比較的安く済みますし、いつも給油するガソリンスタンドであれば安心感もあるのでおすすめなのですが、車検の技術的な面がよくわからないというデメリットもあります。

安く車検が受けられる安心安全な業者を選ぶには

車検費用を安く抑えるということも大切ですが、安全であるということもとても重要です。 車検してもらう業者の技術レベルが高いものかどうかを見極めることも大切です。いくつかの業者候補をあげて、各社に見積もりをしてもらい比較してみることがおすすめです。ネットで車検業者の口コミを閲覧することもできるので、それらを参考にしてみるのもいいです。また、車検では部品を交換されることもあり、全部交換するとなると費用が高くなるので、事前に安いカー用品店などで買いそろえておくと費用が安く抑えられます。ここまで車検の費用、技術が重要であることを記載してきましたが、お店の方の対応も重要です。親切丁寧に対応してくれる方がいるようなお店を選んでおくと何かあった時に相談しやすく、親身になって聞いてくれたりします。