二輪の合宿免許に参加する前に必要な準備などをご紹介

二輪免許を取得するための費用、および教習期間を短く抑えるために効果的な方法と言えば「合宿免許」でしょう。一応、合宿免許以外にも「一発試験」という方法もありますが、これはあまり一般的な方法ではないのでここでの説明は割愛しておきます。さて、二輪免許取得を目的とした合宿免許に参加する時には、「事前準備」が比較的重要です。尤も、全ての状況において準備をしっかりと行うことは重要なことで、状況に問わずしっかりと準備を行うことで余計なトラブルを回避することが出来ます。基本的には「快適に教習を行える環境を作る」という目的に合った準備をすることが必要ですが、「プライベートな時間」に関しての準備もしっかりとしておくことで合宿期間の環境を良くできるということは覚えておきましょう。

まずは「参加する合宿免許を選ぶ」と言うことに対して準備をする

二輪免許を合宿免許で取得する人はそれほど多くありません。メインとなるのは普通自動車免許を取得する時で、二輪免許は通常通り自動車教習所に通って取得している人が大半です。その理由には色々なものがあるので詳しく解説したりはしませんが、合宿免許を利用することで「費用・時間」の両面でメリットが得られることは間違いありません。ただし、どの合宿免許に参加するかという判断によってはその割合が大きく変わってしまうことになるため、まずは「参加する合宿免許を選ぶための準備」をすることが必要です。この時に必要になる準備とは、「それぞれの合宿免許をしっかりと把握する」ということです。料金・期間・環境など、自分の希望にマッチしているものがどれかを調べていくことが必要です。

教習中の環境を良くするための準備

合宿期間中、日中は教習カリキュラムを受講するために時間を使うので問題ありませんが、それ以外の時間はプライベートなものになります。夜間、宿泊場所にこもって過ごすというのも悪くはありませんが、他の参加者との親睦を深めながら積極的なコミュニケーションをとるというのも一興です。教習に必要な準備は「長袖長ズボン、手袋、かかとのある靴」というのが基本ですが、これは二輪教習を受ける人ならばまず間違いなく把握できているでしょう。それ以外のもので言えば「スマートフォン・パソコン・ゲーム機など」を持っていくと、一人で過ごす時間を充実させることはもちろんですが、他の参加者との親睦を深めるためにも非常に重宝します。また、「周辺施設を調べておく」ということも環境を良くするために効果的なことなので、事前に調べておくと良いでしょう。