二輪の合宿免許に参加するときの注意点

自動二輪の免許を取得することはとても夢のあることであり、楽しさもひときわ高まります。バイクが好きな方は特にこのような思いを強く持つはずですし、合宿免許に参加することもかなり楽しく感じられます。しかし、運転免許を取得するとは国家資格を手に入れることですから、それなりにこちら準備をしっかりと行っておかなければなりません。準備が不十分であった場合は、最終的に運転免許の取得ができなくなる場合もあります。また、合宿免許ですから、滞在中の時間を無駄に過ごしてしまう原因にもなります。せっかく自分の時間を割きながら合宿免許に参加している訳ですから、合宿が終わるころには参加してよかったと考えられるように、滞在時間を有意義に過ごしたいものです。そのような結果を残すにはどのようなことに気をつけるべきなのかをまとめます。

技能教習中にけがをしないように気をつける

バイクを教習する際、特に注意をしなければならないことはけがの問題です。これは合宿免許だけに限らず、その他の自動車教習所で二輪教習を行う際にも同じことを考えなければなりません。ただ、万が一そのような自体になった場合には、合宿免許と通常の自動車教習所ではその後に大きく違いが現れます。通常の自動車教習所では自宅から自動車教習所に通っている場合がほとんどですから、教習中にけがをしても、何とか自宅から行き来ができます。しかし、合宿免許であればけがをした際には自宅からかなり遠く離れている地域でけがの治療を行わなければなりません。時には家族の方々から離れたところで入院をしなければならないこともあります。このようなことから、けがの防止という面を考えての服装を心がけることや、無理のない運転で練習をすることが大切です。

けが以外にも気をつけたいことは体調不良に関すること

けがによって合宿免許に参加できなくなることも気をつけたいことですが、それ以外の理由で技能教習さえもが受けられなくなります。その大きな要因となるものは、何らかの体調不良が考えられます。けがをすると運転操作はできなくなりますが、自分の体調がよくないとまともな判断までができなくなります。それによって技能教習が成立しなくなることも考えられ、事前に体調がよくなるまで技能教習はストップされることもあります。体調不良にもいくつかの原因があると考えられますが、頻繁に見聞きすることと言えば、風邪をひくことと食べ物に関する内容となります。できるだけ風邪をこじらせないように、特に寒い時期に二輪の教習をするのであれば、厚着をすることがお勧めです。また、合宿中に提供される食事も個人的に合わない場合は、特別にどこかで代わりの食事をすることも視野に入れておかなければなりません。